カリスマキャバ嬢『立花胡桃』

近年、華々しい話題を振りまいていたカリスマキャバ嬢と言えば、その1人に立花胡桃ちゃんを挙げることができると思います。
立花胡桃ちゃんと言えば、昨今は「ユダ」の話題もかなり出ていたと思います。

ユダというのは立花胡桃ちゃん自身が作家として書きあげた自伝的とも言える小説。
ユダは多くの人々から共感を得ることに成功し、販売部数は相当なものとなっています。
このユダをもってベストセラー作家入りを果たしたのですが、その後ユダは映画化への道を歩みます。

話は少し戻りますが、立花胡桃ちゃんはスカウトがきっかけになり、18歳からキャバクラを始めました。
在籍したお店では常にNo.1となっていたのですが、その当時の彼女の営業スタイルはオラオラ営業だったそう。
一晩で1000万円を売り上げたこともあるというツワモノです。

華々しい人生を歩むカリスマ嬢のその後

今では一般人の男性の方と結婚をし、元キャバクラ嬢となっているのですが、結婚式の時に来たメンバーはそうそうたるものでした。
モデルの蛯原友里がデザインをしたドレスを身にまとった結婚式、押切もえさんデザインによるカクテルドレスを着用した披露宴が行われましたが、会場には蛯原友里、押切もえ、加藤あい、クリスタル・ケイさんまでが登場したそう。
華々しい人生を歩むカリスマ嬢、まさにその生き方を感じますね!